わきがの原因となる汗や基礎知識

わきがの原因は汗(汗腺)ですが、汗腺には種類があります。1つは体温調節を目的として出る汗で、これは「エクリン汗腺」という所から出る汗で、98%が水分でさらさらしている汗です。原因はもう1つの「アポクリン汗腺」という所から出る汗で、こちらは脂肪酸・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニア等などが含まれていて、少し粘り気があります。アンモニアなどが含まれていることもあり、脂肪酸が皮膚にある細菌によって分解されることで、においを発するようになります。これが主な原因で、「アポクリン汗腺」からの発汗が活発である事が理由です。こうしたにおいはいわゆるフェロモンのような役割をしていると言われており、その為ホルモンの影響を受け、思春期以降になるとわきがが気になるようになることが多いです。すべての人にアポクリン汗腺はありますが、体質によって汗腺の働きが活発かどうかに差があります。

わきがの臭い対策をしよう

わきがの人は、汗の匂いとは違う、すっぱいような独特な臭いがします。そして、臭いだけでなく、白い服には、黄色いシミがついてしまいます。軽度のわきがであれば、制汗剤などで臭いを抑えることができますが、重度になると、ドラッグストアなどで販売されている制汗剤では抑えることができないです。周りの人に臭いがきつくて迷惑をかけてしまう可能性があるため、重度の人は脇の下を清潔に保つようにしましょう。汗をかいたときは、汗取りシートなどで拭いて、お風呂に入る時には脇をしっかり洗うようにしましょう。汗をかきやすい人は、汗取りパッドを使用して、汗が服につかないように気をつけましょう。それでも臭いがきつい場合は、手術という方法があります。臭いの原因となるアポクリン腺を取ることで臭いがなくなります。しかし、手術後はしばらく痛みがあります。

わきがの程度を調べる方法

わきがとは、脇から発せられるツンとした鼻を刺すような臭いのことです。臭いの主な原因は、アポクリン腺にあります。汗そのものは無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれるタンパク質やアンモニアなどの成分が皮膚表面にある常在菌により分解され、独特なにおいが発生します。欧米などの外国に比べ、日本ではわきが体質の人は少ないですが、自分が臭っていないか、他人を不快な気分にさせていないか気にする人はたくさんいます。自分の臭いがどの程度なのかを知るには耳垢を使います。耳垢が乾燥している場合は臭いが軽度、もしくはわきがではありません。反対に耳垢が湿っていればいるほど臭いが重度になります。軽度の方は、殺菌効果の高い制汗剤よりも、自然の成分を含んだウェットシートなどを使い、重度な方は殺菌効果のある制汗剤やウェットシートなどを組み合わせて使うと良い対策になります。

わきが治療において多くの実績を持つ当院でしっかり治療。 東京駅からも近いので遠方の方も通院可能です。 マル親、マル子医療証などをお持ちであれば、負担なしで治療が受けられる場合があります。 痛みなど無いのでご安心ください。 施術は片側60分程で終わり麻酔も効いてますので痛みは全くありません。 お問い合わせは10時から19時にて対応させていただきます。 わきがの治療をご検討の方へ

  • 2017年4月
         
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • アーカイブ

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし
  • 固定ページ